日焼けした肌では脱毛ができない理由

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ひざ下やひじ下など、特に露出をしてしまう部位の場合、
脱毛サロンでは、日焼けをすると施術できない可能性があります。
とあらかじめ、アドバイスをしてくれます。
夏の日差しが強い時期に、海水浴を楽しむシーズンに日焼けをしないでくれなんて
ムリだよね。
でも、日焼けした肌では脱毛ができない理由がちゃんとありました。

hiyake.jpg

日焼けをした肌では脱毛ができない理由のひとつ目。
脱毛サロンで行われる脱毛の施術や医療レーザーによる脱毛も
黒いものに反応して脱毛させる仕組みになってだから。
光を当てて毛根を弱らせて脱毛させるのがフラッシュ脱毛であり
医療レーザー脱毛です。
毛根にダメージを与えるんだったら肌には大丈夫じゃないか。
と思いがちですが、やっぱりお肌にも光はしっかり当たっています。
で、日焼けをしたお肌はそれでなくても紫外線によってダメージを受けています。
なおかつ、フラッシュを照射することでさらにダメージを与えてしまうことに。
ダメージを受けている日焼けをしたお肌に照射をすると、
酷い時にはやけどを負ったような状態になってしまいますし、
シミの原因にもなります。
シミ、色素沈着など消えない跡がお肌に残るなんて、とっても困ります。
だから、日焼けをしたお肌で脱毛ができないんです。

そして、もう一つ。
フラッシュもレーザーも黒いものに反応して照射されます。
通常であれば、黒い毛に対してだけ反応して照射されるのですが、
日焼けをしたお肌だと、黒いものばかり。
黒いと認識することで、毛に反応する前にお肌に反応してしまい、
脱毛効果を得ることができなくなります。
肌にダメージをさらに与えるだけで、脱毛にはならないので
日焼けをしたお肌で脱毛ができないというわけです。

さらにもう一つ、日焼けをしたお肌では脱毛ができない理由として
紫外線によって日焼けしているお肌は、目に見て分かりにくいのですが
乾燥をしている状態です。
乾燥してバリア機能も低下している日焼けした肌に
光やレーザーを当てることで強い痛みを感じる場合もあるそうです。

とまあ、日焼けしたお肌では脱毛ができない理由には
肌に非常に悪いだけじゃなく、シミや色素沈着、やけどなど
キズが残ってしまうといったお肌に後遺症まで引き起こすからです。
これは、夏だけに限らず、露出した部分の脱毛をするなら、
スケジュール管理をしっかりして、脱毛に挑む。
日焼けをしないように屋外レジャーの際には長袖を着用する、日焼け止めを使うなどするしかなさそうです。
日焼けしたお肌と脱毛について、簡単に考えていたけれど、
お肌のことを想うなら、日焼けには十分に気を付けなければいけないんですね。